ホーム > 文芸 > 講座詳細
パンフレット
資料請求
QRコード

モバイルサイトは
こちら!

http://www.second-academy.com/m/BNK

文芸

講座詳細

講座番号A14
講座名

第33回 国際理解土曜セミナー「日本は何をすべきか」 

―国際社会における日本の役割と貢献―

講座内容

昨今の激変する国際社会の中で、私たちはどのように考え、行動すべきか。世界の動きを広い視野から捉え、多様な考えに触れて初めて、日本のとるべき方向を読み解くことが出来ます。本講座では、大使経験者や国際問題研究者らを講師にむかえ、「世界の今、日本の役割と貢献」をリアルタイムで考えます。

●10月27日(講師:小島 誠二)
タイから東南アジアを理解する ― 日本ASEAN関係の将来

●11月24日(講師:穂積 武寛)
『難民の時代』にどう向き合うか

●12月1日(講師:門司 健次郎)
日本を売り込む ― 文化外交とソフトパワー

●12月8日(講師:大野 和巳)
ソーシャルイノベーション時代の日本企業の経営戦略 ― 持続可能なビジネスによる世界への貢献


共催:一般財団法人 外務精励会
後援:文京区

曜日土曜日
時間10:30〜12:00  
日程10月27日
11月24日
12月1日・8日
受講料[4回]1,000円(資料代)
入会金・
受講料割引

★入会金不要(生涯学習センターの入会金は必要ありませんが、会員とはなりません。)

★在学生・卒業生割引対象外

定員80名
事務局情報
講師小島 誠二
講師肩書元タイ国駐箚大使
一般財団法人 外務精励会理事長
講師紹介1972年外務省入省、本省では主にアジアと開発に関連する職務を担当、ADBとJICAに出向、在外では米国公使、英国特命全権公使、パキスタン大使、タイ大使などを歴任。
講師2穂積 武寛
講師肩書2AAR Japan[難民を助ける会]
プログラム・マネージャー
講師紹介2大学で英語を専攻後、当時の国際協力事業団(現国際協力機構、JICA)に入り、開発途上国向け技術協力事業に携わる。JICA退職後、大学院進学を経て2009年にAAR Japan[難民を助ける会]へ。現在はAARのプログラム・マネージャーとして総務・人事、啓発の統括とともに、アフガニスタンなどの海外事業も担当する。東京都出身。
講師3門司 健次郎
講師肩書3元ユネスコ大使、前駐カナダ大使、酒サムライ
講師紹介31975年外務省入省。本省では、専ら条約、安全保障、文化交流を担当。在外は7カ国9か所に勤務。イラク、カタール、ユネスコ、カナダで大使を歴任。2017年退官。
講師4大野 和巳
講師肩書4文京学院大学経営学部教授
講師紹介4モルガン銀行東京支店(現JPモルガン・チェース銀行)及びNY本店M&A部門、KPMGコーポレートファイナンス(現KPMGFAS)に勤務。明治大学大学院経営学研究科博士前期課程修了(経営学修士)、東北大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得。道都大学、青森中央学院大学を経て2012年より現職。
 

※受講申し込みボタンより同時に4件まで申込できます。5件以上講座申込みご希望の方はお手数ですがもう一度最初から同じ手順でお申し込み下さい。

  • 20th 生涯学習センター since 1996
  • 文京学院大学
ページトップへ
ページトップへ