ホーム > イベント・特別講座 > 『はじめての渋沢栄一~探究の道しるべ』出版記念シンポジウム
資料請求

『はじめての渋沢栄一~探究の道しるべ』出版記念シンポジウム

日本資本主義の父と称される渋沢栄一は、2021年のNHK大河ドラマの主人公として取り上げられ、2024年発行予定の新一万円札の図柄になるなど、改めて脚光を浴びています。本シンポジウムでは、学校法人 文京学園の島田昌和理事長が代表を務める「渋沢研究会」が、創立30周年を記念して、本年5月に出版された『はじめての渋沢栄一~探究の道しるべ』をもとに、渋沢栄一の偉業をさまざまな観点から解説していきます。
新型コロナウイルスの世界的な蔓延で社会の在り方そのものが揺すぶられる今、渋沢栄一の思想と行動から何を学べばよいのかをテーマとします。本著の編集に携わった先生方が登壇し、各章の狙いを概説するほか、有識者をお招きして経営史・産業・教育といった見地から、渋沢栄一像に迫ります。

渋沢研究会発足30周年記念
『はじめての渋沢栄一~探究の道しるべ』
出版記念シンポジウム 渋沢栄一の新側面とは?
<リモート講座>

講座番号 A10
日程 12月12日
曜日・時間 土曜日 14:00~17:00
受講料

無料(申込先着順)

※事前にホームページでのお申込みが必要です。

★入会金不要(生涯学習センターの入会金は必要ありませんが、会員とはなりません。)

定員 200名
会場

オンライン(Zoom)実施

※オンライン(Zoom)実施となりますので、パソコンやスマートフォンをお持ちで、インターネットに接続できる環境が整っていれば、どなたでも参加が可能です。

講師

島田昌和(渋沢研究会代表・文京学院大学教授・(学)文京学園 理事長)

恩田睦 (明治大学准教授)

是澤博昭(大妻女子大学教授)

橘川武郎(国際大学教授・(学)文京学園 理事)

塚本隆史(みずほ銀行名誉顧問・(学)文京学園評議員)

深谷市役所 教育部 学校教育課(登壇者は調整中)

講座内容

主催:渋沢研究会・文京学院大学

【プログラム】

司会 川越仁恵(文京学院大学准教授)

14:00 開会の挨拶 櫻井隆(文京学院大学教授・学長)

14:10 『はじめての渋沢栄一』第1~3部 各部の狙い概説(各編集担当 島田昌和/恩田睦/是澤博昭)

14:30 コメント~経営史の立場から/橘川武郎

14:45 コメント~産業界の視点から/塚本隆史

15:00 コメント~教育現場の視点から/深谷市役所 教育部 学校教育課

<15分休憩>

15:30 登壇者からのコメントリプライ

15:55 全体討論

16:50 閉会の挨拶 島田昌和

申込締切 12月8日(火)
  • 20th 生涯学習センター since 1996
  • 文京学院大学
  • 社会連携・社会貢献
ページトップへ
ページトップへ